クラブツーリズム 利尻島・礼文島3日間の旅
春が来ました、夢の浮き島・利尻礼文

2017.5.13〜15

 

 2000年9月に行ったきりだった北海道の最北端の島・利尻島・礼文島へ行ってきました。クラブツーリズムで好みの行程が出ていたので利用してみました。往復とも全日空稚内便の予定が、往路は新千歳空港乗り継ぎ便になりました。道内はボンバルデイアQ400に初搭乗しました。久々のプロペラ機でした。帰路はエアバス機の東京直行便で、一気に帰ってきました。

 

1日目(東京〜新千歳〜稚内〜礼文島

B777で札幌へ   *画像(ANA)は、こちら

 今回も朝3時起きだった。前日にエミタスタクシーへ迎車を頼んでいる。タクシーは4時半過ぎにやってきた。運転手に深夜のシフトを聞いてみると、午前様の時間帯には10数名の遊軍運転手がいるそうだ。JR津田沼駅まで運んでもらった。これから乗る羽田空港行きは、この日の2番バスになる。発車の10分ほど前に、新習志野高速営業所から回送されてきた。運よく進行左側一番前の座席が空いている。ここに座った。5:05分、定刻に発車する。平日なら2台運行になるが、土曜日なので乗車したのは数名である。それでも京成津田沼駅からは通勤と思しき人が回数券で乗ってきた。

 バスは湾岸谷津から高速へ入る。以前と比べて安全運行になったとはいえ、羽田空港には余裕の到着だった。全日空利用なので2タミで下車。団体受付に行ってみるも、まだ係員がいなかった。館内の食堂はまだ閉まっているが、6時から開く店があった。いつもの「門左衛門」で、朝ご飯を食べておく。食べ終わって団体受付に行くと、「クラブツーリズム」の看板が出ており、受付が始まっていた。添乗員は稚内からなので、稚内までは自分で行かなくてはならない。

 当初の募集広告では稚内直行便を利用する予定だったが、きょうは新千歳空港で乗り継ぎとなる。国内で乗継便を利用するのは初めてのことだ。搭乗券には2つの便名が表示してある。受付係員に新千歳で外へ出てもいいか聞いてみた。可能だが乗継時間が45分しかないのでお勧めできないとのこと。託送荷物は稚内まで預けてあるので、降りようと思っていたが、お説に従っておく。

 きょうの新千歳行き53便は、61番ゲートからの出発である。その前に55番ゲートに行ってみる。いつもブログでお世話になっているミスターKさんが、ANAのツアーで「新緑の道東鉄路 歴史探訪2日間に参加されるからだ。国鉄白糠線の廃線跡を歩くなど実に魅力的はツアーである。ゲート前ではお目にかかれなかったが、途中の歩く歩道のところですれ違ったのでお互い挨拶しておいた。

 新千歳行きはほぼ満席だった。クラブツーリズムの団体枠と思しき最後部付近の席番だったが、隣席が空いていたので楽に座れた。定刻8時の出発から遅れること5分、8:05分にドアーが閉まり、すぐにプッシュバックが始まった。今日の機長は稲沢、CAは桑野他が乗務しているとのこと。きょうはC滑走路から飛び上がった。

 飛行機はB777ダッシュ200機である。乗り込む際にCAに機番を聞いたら、即座に回答が返ってきた。ところが機長の放送は珍しくなかった。あっという間に北海道までやってきた。どうやら北側から進入するようで、空港周辺のレンタカー会社などを遠望しながら着陸した。8番ゲートに到着し、9:33分にドアーが開いた。

 ・JR津田沼駅5:05(京成バス)5:50羽田空港第2ターミナル    *習志野200 か1994
 ・2タミ団体受付集合7:10分
 ・羽田8:05(NH53便)9:33新千歳(乗継)  *B777-200(JA8967)

 

トランジットでQ400機へ  *画像(Q400)は、こちら

 8番ゲートのボーデイングブリッジを歩いていると、通路を出たところに係員が立っていた。乗継ぎのお客さんは声をかけてくださいとのこと。クラブツーリズムのツアー客は全員が稚内便へのトランジットなので、係員は名簿をチェックしながら柵を開けて出発ロビーへ招き入れた。稚内便は2番ゲートからの出発だ。新千歳空港の搭乗ロビーは改装中だった。

 ゲート前に着くも、まだ搭乗手続きは始まっていない。いったん外へ出てもよかったかななどと後悔する。それでも10:05分から機内への案内が始まった。出発は10:20分である。ボーデイングブリッジを渡ってゆくと、飛行機の手前で通路が大きく下がってゆく。稚内行きに使われているボンバルデイアQ400機は小型機なのでこういう次第になっている。カナダ製のQ400機は、全日空の離島航路などに使われている。ANAウイングスの所属である。実は初めて乗る機種である。

 機内に入ると、2−2の座席配置でバスみたいな雰囲気である。CAは2名乗務していた。慌ただしくドアーが閉まると、ターボプロペラ機らしくまず右側が、次いで左側のプロペラが回り出した。風を切る音がプロペラ機らしい。10:21分に後退が始まったが、少しバックしただけで直ぐに前進に変わった。10:29分に新千歳を離陸した。 

 CAに機番を聞いたら直ぐに教えてくれた。それ以上に、Q400機の絵はがきを持って来てくれた。はじめて見るデザインで有難くいただいた。機長の案内放送が入り、高度4000mとのこと。プロペラ機なので低空を飛んでいる。雲が切れて左下には海岸線が見えてきた。オロロンラインである。数多くの風車が見えたので苫前付近だろう。

 2000年の近畿日本ツーリスト(後のクラブツーリズム)のツアーでは、ここをバスで走った。道路の脇に羽幌線跡が並走し、ワクワクしたものだ。天売島に続いて大海原の中に富士山!が見えてきたときには感動した。利尻富士は絵はがきで見たように美しかった。

 やがてサロベツ原野の上を通過する。手付かずの自然の宝庫だ。稚内上空から高度を下げてゆき、稚内空港には西側から着陸した。滑走路を端までゆき、そこでUターンしてターミナルビルへ向かう。稚内空港のような小さな空港には管制官がいないので、機長の判断で全てが運航される。

 ターミナルビルの前で停止する。ボーデイングブリッジがあるが使わないようだ。飛行機の側扉に内蔵してあるエアステアを使って降機する。久々に飛行場の上を歩いた。目の前は宗谷海峡である。係員がターミナルビルの中に誘導している。手荷物が出てきた。ちゃんと新千歳空港経由で稚内まで届いていた。

・新千歳10:20(NH4841便)11:16稚内   *DHC8-Q400(JA850A)

 

宗谷バスで観光開始  *画像(宗谷バス)は、こちら

 稚内空港のロビーでは、クラブツーリズムの添乗員さんが待ち受けていた。きょうは男の人だ。後ほどの自己紹介で、礼文島出身だという。慌しくバスに乗り込む。使用されるバス会社は宗谷バスだ。この後3日間宗谷バスのお世話になったが、バスはそのまま航そうされるのではなく、島ごとにバスが替わっていった。なかなか興味深い。

 出発するとさっそく添乗員さんから説明があった。3日目の天候が悪いので、宗谷岬には今から行きますとのこと。途中で海岸線に沿った国道から外れて、宗谷丘陵に入っていった。牧畜が行なわれている。

 再び国道へ戻ると、目の前が宗谷岬だった。前回来た時と変わらぬたたずまいだった。気温は4度。寒い。

  以下、工事中
 

 


・稚内空港11:34(宗谷バス)→宗谷丘陵→12:07宗谷岬  *旭川230 あ・707
・宗谷岬12:35(宗谷バス)→13:14北の竹ちゃん(昼食)
・北の竹ちゃん14:20(宗谷バス)→北防波堤→14:25稚内フェリーターミナル

・稚内港14:40(ハートランドフェリー)→16:38香深港(礼文島)  *フィルイーズ宗谷号

・香深港(宗谷バス)→三井観光ホテル  *旭川230 あ・663 

三井観光ホテル(泊) (礼文島に4軒しかない温泉宿)

 

(2日目)

・三井観光ホテル8:30(宗谷バス)→8:40桃岩  *旭川230 あ・560
・桃岩8:50(宗谷バス)→9:10船泊漁協(うに剥き)
・船泊漁協9:30(宗谷バス)→9:55澄海岬10:25→10:40スコトン岬11:00→11:15船泊漁協「あとい食堂」(昼食)
・あとい食堂11:55(宗谷バス)→12:15利尻フェリーターミナル

・香深港(礼文島)13:25(フェリー)→14:10鴛泊港(利尻島)  *ボレアース宗谷号

・鴛泊港14:20(宗谷バス)→14:50オタトマリ沼15:20→15:28仙法志御崎公園

・仙法志御崎公園16:00(宗谷バス)→16:30鴛泊港  

利尻富士観光ホテル(泊)

 

(3日目)

・ホテル(徒歩)鴛泊港
・鴛泊港8:50(ハートランドフェリー)10:30稚内港  *フィルイーズ宗谷号

・稚内港(宗谷バス)10:4210:45北市場  *旭川230 い・678
・北市場11:25(宗谷バス)11:45大沼12:0012:05稚内空港

・稚内13:17(NH572便)15:15羽田  *A320(JA8946)

・羽田空港第2タミ15:40(リムジンバス)16:33検見川浜駅  *品川200 か1876

 

 

 

<鉄道のページ表紙(その2)>に戻る